フレックスの合格の方法

フレックスは「教える塾」です。
 近頃は「教えない塾」が流行っているようです。参考書、問題集で独学させるのだそうです。
それで本当に学力が伸びるのでしょうか。独学は良いでしょう。塾や予備校を頼らないで勉強するのも良いことでしょう。もしそれが可能なら。それができるのは「基本ができている生徒」又は「基本を教えてもらった生徒」でしょう。今の中高生はどこで基本を習うのであろう。今の学校での学習では、ほとんど文法用語は使われないのだ。形容詞と副詞の違いが分からないような中高生がたくさんいるのです。
 このことは私の世代<要するに「おじさん世代」>には考えられないことです。

 多くの高校生は英語学習のよりどころを失ってしまっているように思える。

 彼らは目的語も補語も、自動詞と他動詞の違いもきちんと教わらないうちに授業が終わってしまったのではないのか。その重要性も知らないうちに。そして教科書本文の暗記暗記に追いまくられているのではないだろうか。そんな状況の中で「独学、自習だけでがんばれ」というのは無理なのではないでしょうか。
 
  だから、当たり前ですが「フレックスでは教えます。」基本から教えます。
 そして、基本を積み上げて大学入試問題に手が届くよう教えています。
 いったん基本ができればいくらでも「独学は可能です。」それまでは生徒諸君は我慢して授業を聞いてください。必ず英語がものになりますから。
 昨年、授業にあまり熱心に来なかった生徒の一人に受験間際になって「先生の言う意味が分かってきた。」と嬉しそうに言われました。「もうちょっと早くわかってよー。」と思いましたが、私も嬉しかったです。
 みなさん、あきらめずにがんばって下さい。             (フレックス塾長)



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック